住宅作りの基礎知識がある|注文住宅は実績の高い国分建設へ依頼|理想通りのマイホーム建築

注文住宅は実績の高い国分建設へ依頼|理想通りのマイホーム建築

住宅作りの基礎知識がある

模型

鉄骨造の違いを紹介

在来工法を使用した住宅といえば日本では定番のものです。近年は鉄骨造を使用したものもあって、木造とはちょっと性質が違っています。骨組み部分に鉄骨を使用しているものが鉄骨造の住宅で、重量鉄骨と軽量鉄骨に分かれているのです。重量鉄骨は比較的施工をしやすいため静岡の工務店でも利用できます。素人の方はあまり聞いたことが無いラーメン構造を使用して作るのですが、シンプル故に品質が均一にできるメリットがあるのです。軽量鉄骨を使っているのは静岡の大手ハウスメーカーの戸建てになります。音を通さず大きな音楽を流しても近所に響かないため、音楽趣味を持っているのなら適した住宅と言えるでしょう。マンションで用いられているもので一戸建てではレアです。

コストを極力安価にする

プレミアムな値段で知られている静岡の注文住宅は作る時に一工夫するとコスト削減できます。予算内でなんとか間に合わせたいときにはテクニックを覚えておくと良いです。一戸建ての値段は複雑な間取りになるほど高くなる傾向があります。間取りをシンプルにすることで材料代を安く抑えられるため部屋の数を少なくすれば少ない金額で済むのです。平面から見た外形はボックス型が適していて、長方形や正方形がオススメといえます。コスト配分を必要なところだけ多くかけるといい戸建てを作れるのです。トイレにはあまりこだわらないなら安いものを買い、キッチンはこだわりたいので高めに見積もるといった工夫も賢い計画ではないでしょうか。静岡県で知り合いの工務店があるなら交渉もしやすいため活用するのも良いです。